データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



津田学園・前佑囲斗、先制打&160球11K完投の奮闘 「体力的にいける」に指揮官も信頼のGOサイン【全国高校野球】

2019/08/07

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



選抜で感じた「1点の重み」で成長

 
<第2日 第2試合 1回戦 ○津田学園 3―1 静岡●>(7日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は7日に2日目を迎え、第2試合は春夏連続出場の津田学園(三重)が4年ぶり出場の静岡(静岡)を3-1で下し、春果たせなかった1勝を手にした。
 
「東海対決」は息詰まる投手戦となった。春の選抜大会は1回戦で龍谷大平安(京都)の前に0-2と完封負けを喫した津田学園は、エースの前佑囲斗(3年)が投打に奮闘。まず2回に1死一、三塁のチャンスで先制適時二塁打を放つと、3-0となった3回以降は走者を得点圏に進めながらも決定打を許さない粘りの投球を続けた。
 
 前は8回に1失点を喫し完封こそ逃したが、9回160球を投げ切り11奪三振。「序盤はコントロールがつかなくて厳しかった。変化球でストライクを取れるようになったのが良かった」と無失点イニングを刻みながら立て直せたポイントを語った。
 
 佐川竜朗監督は「代え時を考えた」と言うが、8回を1失点でしのぎ切り「体力的にいける」ということで完投へゴーサイン。前もその期待に応えて9回は無失点に抑えて勝ちをもぎ取った。
 
 打線は春に無得点だったのが3得点。指揮官は「春はゼロで終わっていたので、1点の重みを経験する中で良く打ってくれた。ホッとしている」と少し顔を緩ませながら選手たちの戦いを称えた。守備でも前の好投に応えるように野手の連係プレーはまって流れを渡さず、「県大会でやってきたことができた」と手応えを口にしている。
 
 2回戦の相手は、直前に行われた第1試合で5本塁打を含む11得点を挙げた強打の履正社(大阪)。エース前を筆頭に、次戦も守りからリズムを作って勝利を目指していく。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部