データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



津田学園、静岡との「東海対決」で緊迫の投手戦制す! エース右腕・前佑囲斗が160球11Kで完投【全国高校野球】

2019/08/07

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



静岡2番手・松本も4回から6イニング連続無失点

 
<第2日 第2試合 1回戦 ○津田学園 3―1 静岡●>(7日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は7日に2日目を迎え、第2試合は2年ぶり出場の津田学園(三重)と4年ぶり出場の静岡(静岡)による「東海対決」。津田学園が投手戦を3-1で制して初戦を突破した。
 
 春夏連続出場となった津田学園は2回、静岡の先発・松下静(3年)に対して2死走者なしから死球と小林世直(2年)の右前安打で一、二塁のチャンスを作ると、先発投手・前佑囲斗(3年)の適時二塁打で2点を先制する。
 
 続く3回にも主将・石川史門(3年)の適時打で1点を追加した津田学園。投げては前が3回まで1安打に抑える投球を見せ、序盤で主導権を掴んだ。
 
 対する静岡は、4回から2番手で登板した・松本蓮(2年)が3者連続三振をマークすると、続く5回1死まで4者連続三振とするなど6回まで3イニング連続無失点の好投を見せる。
 
 松本の好投に負けじと、津田学園・前も力投。静岡打線に4回以降毎回得点圏に走者を進められるも、決定打を許さず依然無失点。両チームの堅い守備も光り、3-0のまま試合は終盤を迎えた。
 
 7回はお互い譲らず無得点。しかし、8回についに試合が動く。静岡・松本が2死二塁のピンチで前を空振り三振に抑え踏ん張ると、直後の攻撃で2死二塁から主将・小岩和音(3年)が左前へ適時打を放ち1点を返した。
 
 2点差で迎えた9回の攻防。まず静岡・松本が2死一、二塁を無失点で切り抜けると、対する前も2死から安打を浴びながら無失点抑えて試合終了。津田学園が前の160球、11奪三振の熱投によって3-1で静岡を下し2回戦進出を決めた。