データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



履正社、大会タイ1試合5発に指揮官「よく対応した」 先頭&ダメ押し弾の桃谷惟吹「冬トレの成果」【全国高校野球】

2019/08/07

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



大量点の一方でミスに気引き締める「もう一度修正」

 
<第2日 第1試合 1回戦 ○履正社 11―6 霞ヶ浦●>(7日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は7日、2日目の第1試合で3年ぶり出場の履正社(大阪)が、4年ぶり出場の霞ヶ浦(茨城)を相手に大会タイ記録となる1試合5本塁打をマークするなど猛打を発揮し11-6で勝利した。
 
 履正社は初回、大会注目の霞ヶ浦・鈴木寛人(3年)の前に先頭の桃谷惟吹(3年)の先頭打者本塁打、4番・井上広大(3年)のソロ本塁打で2点を先制。その後も野上聖喜(3年)の2ランや西川黎(3年)のソロ本塁打などで序盤3回までに7-1と大きくリードする。
 
 そして打線は先発全員安打をマーク。霞ヶ浦が誇る投手陣を打ち崩し、10-6で9回を迎えた。猛打を締めくくったのは、先頭弾を放った桃谷。霞ヶ浦の2番手・山本雄大(2年)から左中間スタンドにこの日2本目となるソロ本塁打を放って試合を決定づけた。
 
 2006年に智弁和歌山がマークして以来となる1試合5本塁打の大会記録を刻んだ履正社は、先発全員安打となる17安打で11得点。投げては清水大成(3年)と岩崎峻典(2年)の継投で11-6で勝利。最後まで粘りを見せた霞ヶ浦を下し、2回戦進出を決めた。
 
 試合後、履正社の岡田龍生監督は「打つのが一番の特徴のチーム。よく対応して打ってくれた」と打線を称賛。初回から打ち崩しての5本塁打には「(鈴木寛の)立ち上がりの少し高めに浮いた甘い球を一発で仕留められたのは良かった」と手応えを口にした。
 
 その打線を初回から勢いづけた桃谷は、「先制の先頭打者本塁打は5球目のストレート。塁に出ることを意識した延長線で結果的に出た。9回の本塁打は意識していた。(チーム5本塁打は)冬のトレーニングの成果が出た」と納得のコメントを残している。
 
 17安打11得点での勝利にも、指揮官は「バントとか守備で、ここという所でエラーが出た。もう一度修正して次の試合に臨みたい」と細かなミスを指摘。また、6失点しながらの継投は「私のミス。ワンポイント遅れ、もう少し早めに交代でも良かった」と自らの采配を反省しており、次戦へ向けて気を引き締めていた。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部