データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



八戸学院光星、初回満塁弾など9得点で開幕戦制す 初出場の誉はあと一本出ず初勝利お預け【全国高校野球】

2019/08/06

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<第1日 第1試合 1回戦 ○八戸学院光星 9―0 誉●>(6日、阪神甲子園球場)
 
 新元号「令和」となって最初の甲子園、第101回全国高校野球選手権大会が開幕。開幕戦となった第1試合では、2年連続110回目の出場となった八戸学院光星(青森)と春夏通じて初出場の誉(愛知)が対戦した。
 
 過去3季連続準優勝の実績を持つ八戸学院光星は初回、自慢の打力で誉の先発・杉本恭一(3年)に襲い掛かる。3つ四死球などで2死満塁のチャンスを得ると、ここで6番・下山昂大(3年)が左中間スタンドへ今大会第1号となる満塁本塁打を放ち、いきなり4点を先制した。
 
 対する誉は、八戸学院光星の先発・後藤丈海(3年)の前に初回に先頭打者の内田力斗(3年)が相手守備のエラーで出塁するも後続が倒れ無得点。先発の杉本は、2回にも四球と死球を1つずつ与えながらも無失点と踏ん張りを見せ、3回には2三振を奪うなど初めて3者凡退に打ち取った。
 
 追加点が欲しい八戸学院光星は4回、杉本に対して2死二塁のチャンスを作ると、ここで1番・武岡龍世(3年)が右翼へ適時打を放ち、初回以来の得点を挙げて5-1とした。
 
 誉が4回に手塚陸斗(2年)が初安打となる左前安打を放ちながら無得点に終わったのに対し、八戸学院光星は6回に誉の2番手・山口伶生(3年)から1死二塁のチャンスを作り、武岡がこの日2本目の適時打となる中堅への三塁打で1点を追加。さらに近藤遼一(3年)の犠飛でこの回2点を挙げて7-0とリードを広げた。
 
 試合は終盤7回に入り、全国188校の愛知を勝ち抜いてきた誉が意地を見せる。八戸学院光星の2番手・山田怜卓(3年)に対し、2死から坂又宗太(3年)の内野安打と坂拓斗(3年)の中前安打で一、三塁のチャンスを演出。甲子園初得点の期待がかかったが、山口が三振に倒れてあと一本が出なかった。
 
 八戸学院光星は8回にも適時二塁打と犠飛で2点を追加し9-0。一方の誉は、直後の攻撃で1死から内田がチーム初長打となる中越え二塁打で出塁しチャンスを作る。しかし後続が三振、中飛に倒れてまたも得点に繋げることはできなかった。
 
 そして迎えた9回。誉は山口が八戸学院光星に得点を許さず攻撃に繋げる。すると開会式の選手宣誓も務めた先頭の林山侑樹(3年)が四球で出塁。その後2死二塁と得点圏に進めたが、最後の打者が右飛に倒れて試合終了。八戸学院光星が9-0で勝利し、2回戦進出を決めた。