データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



金足農、サヨナラ2ランスクイズで34年ぶり準決勝進出 エース吉田10K完投【全国高校野球】

2018/08/18

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , ,



<第14日 第4試合準々決勝○金足農 3―2 近江●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は18日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で第14日の準々決勝の4試合を迎え、第4試合では金足農(秋田)が近江(滋賀)を3―2下し、34年ぶりの準決勝進出を果たした。
 
 初回、金足農の遊撃手・木村のファインプレーで幕を開けた試合は、両チーム無得点で4回を迎える。4回表、近江の住谷が右翼線へ先制の二塁打で均衡を破り、金足農のエース吉田から先制点を奪う。一方、金足農は5回に菅原が三塁打でチャンスを作ると、佐々木がスクイズを成功させ、同点に追いつく。
 
 しかし、近江は6回表に北村が三遊間を破る適時打で勝ち越しに成功。近江2番手・林が金足農を6回、7回と封じる。8回裏に金足農は2死三塁とチャンスを作るも、林が大友を空振り三振に抑えピンチをしのぐ。
 
 9回裏に金足農は先頭の高橋が左前安打で出塁すると、菊地彪、菊地亮が出塁し無死満塁とチャンスメイク。続く9番斎藤がサヨナラ2ランスクイズを成功させ、3-2で近江高校を破った。金足農の吉田は9回を140球、7安打、10三振、2失点完投でチームを34年ぶりの準決勝に導いた。