データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大阪桐蔭、4強進出 史上初2度の春夏連覇向けて浦和学院に快勝 4番藤原2発含む4安打5打点【全国高校野球】

2018/08/18

text By

タグ: , , , , , , , ,



<第14日 第1試合 準々決勝 ○大阪桐蔭11―2浦和学院●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は18日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で第14日の準々決勝4試合を迎えた。第1試合では大阪桐蔭(北大阪)が浦和学院(埼玉)を11―2で下し、史上初2度目の春夏連覇に向けて準決勝進出を決めた。
 
 春夏連覇を目指す大阪桐蔭対初の夏制覇を目指す浦和学院の注目の一戦。先制したのは大阪桐蔭。先発で5番に入った根尾が2回に逆方向へソロ本塁打を放ち先制。3回には藤原の適時内野安打で2試合無失点だった浦和学院の渡邉から2点を先制する。
 
 一方、先発の根尾は要所を締める投球で無失点。すると、5回に藤原がソロ本塁打を放ち3点目を追加する。
 
 浦和学院は5回裏にチャンスを作り、小町の遊ゴロと中前の適時打で2点を返し1点差。しかし、その裏に大阪桐蔭は青地の2点適時打、中川の適時打、藤原2点適時打、石川の適時打で浦和学院を突き放す。
 
 その後も8回に藤原のこの日2本目となる本塁打、9回には石川のソロ本塁打で11点を獲得した大阪桐蔭が春夏連覇に向けて11-2で浦和学院に快勝した。