データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



下関国際が初のベスト8入り、エース鶴田が3戦完投! 指揮官「臆することなく攻めた」【全国高校野球】

2018/08/17

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第13日 第3試合 3回戦 ○下関国際4―1木更津総合●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は17日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で第13日を迎えた。第3試合は下関国際(山口)が木更津総合(東千葉)を4―1で破り、初のベスト8入りを果たした。
 
2回戦・創志学園戦で逆転勝利し、甲子園で初の2勝を挙げた下関国際。対する木更津総合はここまで2戦を大差で勝利し、危なげなく勝ち上がってきた。試合は7回まで1点を争う展開となった。
 
 先手を取ったのは下関国際。2回に死球、敵失などで先制。1死二、三塁から浜松晴天の適時打で2点目を挙げた。
 
 リードを許した木更津総合は3回2死、1番・東智弥が左中間へのソロを放って1点を返した。
 
 4回以降は両者無得点が続き、下関国際は2-1で迎えた8回、四球で出塁した甲山達也の二盗、犠打で1死三塁とチャンスをつくると、4番・鶴田克樹が適時打を放って3点目を挙げた。
 
 さらに追加点が欲しい下関国際は9回表、品川優人の左前打、浜松の適時二塁打で4-1にリードを広げた。
 
 投げては、エース・鶴田が9回137球で9安打9奪三振1失点。3戦連続で完投し、チームを初のベスト8に導いた。
 
 2回目の夏の舞台で、チーム初、山口県勢としては1963年以来の甲子園3勝を飾った下関国際。坂原秀尚監督は「臆することなく、選手が攻めた結果。この調子で明日も攻めていきたい」と意気込んだ。