データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



近江が8強入り、4番・北村が全4打席適時打で大暴れ「役割しっかり果たせた」【全国高校野球】

2018/08/17

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , ,



<第13日 第1試合 3回戦 ○近江9―4常葉大菊川●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は17日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で第13日を迎えた。第1試合は近江(滋賀)が常葉大菊川(静岡)を破り、準々決勝進出を決めた。
 
 2回戦・前橋育英(群馬)で劇的なサヨナラ勝ちを収め、4年ぶりに3回戦に進出した近江。4番・北村恵吾が全4打席で適時打を放って6打点の大暴れ。先発・林優樹は8回1失点と好投し、準々決勝進出を決めた。
 
 近江は1回裏、2死一塁から4番・北村がセンターへの適時二塁打を放って先制した。さらに3回裏2死一、二塁からまたも北村が適時打を放って2点目を挙げた。5回は内野安打と暴投でチャンスを広げると、北村にこの日3本目の適時打が飛び出した。右翼への二塁打で2点を追加し、4-0とリードを広げた。
 
 さらに7回にも2死一、二塁から北村がダメ押しの適時三塁打。近江は8回にも試合を決める3点を挙げた。
 
 近江先発・林は初回を三者凡退に抑える好スタートを切った。変化球を巧みに使ったテンポの良い投球で6回まで無失点投球。8回を投げて、3安打1失点11奪三振。最後は金城登耶が3失点ながらも試合を締めた。
 
 常葉大菊川は7回表、内野安打と死球で1死一、二塁とすると5番・伊藤勝仁の適時打で1点を返した。1死一、三塁と好機は続いたが、後続が倒れた。9回に連続安打から犠飛で1点を追加し、さらに伊藤の2ランで粘りを見せたが反撃及ばなかった。
 
 自身初の4打席連続適時打を放った北村。「初回のチャンスは必ず長打を打って先制点につなげたい」と思って打席に立ったと話し、「ランナーがいるすべての場面で役割しっかり果たせた」と笑みを浮かべた。