データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日大三、終盤突き放し12安打8得点で3回戦進出 奈良大付は粘り見せるも敗退【全国高校野球】

2018/08/15

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第11日 第3試合 2回戦 ○日大三8―4奈良大付●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は15日、阪神甲子園球場で第11日を迎え、第3試合では日大三(西東京)が奈良大付(奈良)を破って3回戦進出を果たした。
 
 初戦で16得点を挙げて大勝した日大三と夏初出場初勝利を挙げた奈良大付の一戦は、日大三がまず主導権を握る。初回、奈良大付の先発・木村光(3年)から中村奎太(3年)から2点タイムリー安打を放つと、3回には小沢優翔(3年)もタイムリー安打で1点を追加。序盤で3-0と試合を優位に運んだ。
 
 6回に2本のタイムリー安打で2点を追加した日大三に対して、奈良大付も反撃を仕掛ける。その裏に1死一、三塁とチャンスを作ると、ここで4番の上野拓真(3年)が日大三の2番手・河村唯人(3年)から左中間スタンドへ3ラン本塁打を叩き込んで一気に2点差に詰め寄った。
 
 再び突き放したい日大三は8回、2死二塁から佐藤英雄(2年)がセンターへタイムリー安打を放ち6-3と3点差に。なおも満塁とチャンスを広げたが、奈良大付の木村が踏ん張って1点に留めた。
 
 9回、日大三は高木翔己(3年)の2ラン本塁打でさらに2点を追加。投げては河村が、1死一、三塁から1失点しながらもリードを守り切って8-4で勝利。3回戦進出を決めた。