データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



木更津総合、好守&巧打で快勝!2年ぶり3回戦進出 エース野尻は8回途中無失点【全国高校野球】

2018/08/15

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第11日 第2試合 2回戦 ○木更津総合7―0興南●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は15日、阪神甲子園球場で第11日を迎え、第2試合では木更津総合(東千葉)が興南(沖縄)に快勝し、2年ぶりの3回戦進出を果たした。
 
 興南は初回、1死一、二塁から塚本大雅(3年)が右前安打を放つも、木更津総合のライト・太田翔梧(2年)が好返球でホームで捕殺。先制点を許さない。逆に木更津総合は、2死一塁で大曽根哲平(3年)がタイムリー安打を放ち、欲しかった先制点をもぎ取る。
 
 さらに木更津総合は、5回に1番の東智弥(3年)がレフトスタンドへソロ本塁打を放ち、2-0とリード。追う興南は、5回の攻撃で2死二塁から塚本の中前安打で二塁走者がホームを狙うも、東の返球によって再び捕殺され、なかなか反撃できないもどかしいイニングが続いた。
 
 試合はそのまま終盤7回に入り、1点の重みが増していく。その中で、次の1点と取ったのは木更津総合だった。走塁死を挟みながらも2死二塁のチャンスを作ると、神子瑞己(3年)が貴重なタイムリー安打。さらに8回には相手守備のエラーとスクイズで2点を追加して5-0とした。
 
 9回にも神山竜之介(3年)のタイムリー二塁打で2点を追加した木更津総合は、2番手の根本太一(2年)が興南の7番から始まる攻撃を無失点に抑え7-0で勝利。2016年以来2年ぶり3回戦進出を決めた。
 
 一方の興南は、2度の捕殺と8回の無死一、二塁のチャンスをものにできず最後まで反撃できず。準々決勝まで進んだ2015年以来3年ぶりの3回戦進出はならなかった。