データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



下関国際、鶴田が2戦連続完投で初の甲子園2勝導く「まだまだ歴史を変えて、進化できる」【全国高校野球】

2018/08/15

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , , ,



<第11日 第1試合 2回戦 ○下関国際5―4創志学園●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は15日、阪神甲子園球場で第11日を迎え、第1試合では下関国際(山口)が創志学園(岡山)に5-4で逆転勝ちし、初の3回戦進出を決めた。
 
 創志学園の西純矢(2年)と下関国際・鶴田克樹(3年)のエース同士の投げ合いで始まった試合は2回、創志学園が主将の金谷温宜(3年)と小谷勝星(3年)のタイムリー安打で3点を先制。しかし直後に下関国際も3回に浜松晴天(3年)のタイムリー安打で1点を返した。
 
 小雨よりやや強い雨が降る甲子園球場。創志学園の西は5回、2死から甲山達也(3年)に四球を与えたところで投球数が100球に到達。甲山は盗塁で二塁に進み、川上顕寛(3年)の打席で創志学園が守備のエラーを犯す間に生還し3-2と1点差に詰め寄った。
 
 試合はそのまま終盤を迎え、創志学園が8回に内野ゴロ間に貴重な1点を挙げて4-2。しかし9回、8回まで149球を投げている西に対して、下関国際は四死球と安打で無死満塁のチャンスを作ると、西の暴投で1点差に。そして、品川優人(3年)も右前タイムリー安打を放ち4-4の同点とした。
 
 さらに下関国際の攻撃は続き、なおも一、三塁で佐本快(2年)がセンターへ犠飛を打ち上げてこの回一挙3得点。5-4とついに試合をひっくり返した。
 
 下関国際のエース鶴田は、2死二塁とされたが、最後は金山昌平(3年)を右飛に打ち取って、粘る創志学園を振り切った。5-4で逆転勝利を収めた下関国際は、初戦の甲子園初勝利に続いて2勝目。山口県勢としては2012年の宇部鴻城以来6年ぶり。
 
 126球を投げ抜いて2試合連続完投とした鶴田は試合後、「ウチの野球ができて勝てたので凄く嬉しい」と話し、「相手も力のある打者ばかりだったので、全力で放って本当にしんどかった」と大粒の汗を流しながら試合を振り返った。また、3回から7回までは無失点と抑えたことについては「粘り強く投げた結果、野手が味方してくれて嬉しかった」と、辛抱強く投球したことが得点に結びついたことに笑顔を見せた。
 
 これで2試合連続で9回に追い付いてのドラマチックな勝利となったが、「日頃から厳しい練習を乗り越えてきた。ここ(甲子園)で勝つためにやってきた。まだまだ歴史を変えて、進化できる」と坂原秀尚監督、そして仲間たちと過ごしてきたことが初の甲子園2勝という成果に表れたことに納得の表情を魅せるとともに、次戦へ向けさらなる飛躍を誓った。
 
 下関国際の次戦となる3回戦は、大会第13日の第3試合。相手は興南(沖縄)と木更津総合(東千葉)の勝者となる。