データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



下関国際、9回一気逆転!初の3回戦進出 創志学園は2年生エース西が9四死球で力尽きる【全国高校野球】

2018/08/15

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第11日 第1試合 2回戦 ○下関国際5―4創志学園●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は15日、阪神甲子園球場で第11日を迎え、第1試合では下関国際(山口)が創志学園(岡山)を下して初の3回戦進出を決めた。
 
 初戦で今大会最多となる16奪三振を記録した西純矢(2年)を擁する創志学園と、花巻東(岩手)戦で延長10回を完投した鶴田克樹(3年)を擁する下関国際との対戦は、序盤から激しく動く。
 
 初回は両エースの好投で3者凡退に抑えたが、2回に創志学園が主将の金谷温宜(3年)と小谷勝星(3年)のタイムリー安打で3点を先制すれば、一方の下関国際も直後の3回に浜松晴天(3年)のタイムリー安打で1点を返し、3-1で中盤に入った。
 
 雨が降りしきる中、創志学園の西は5回、2死から甲山達也(3年)に四球を与えたところで投球数が100球に到達。甲山は盗塁で二塁に進むと、ここで川上顕寛(3年)が打ったゴロをサード・岡本伊織(3年)が一塁へ悪送球し、その間に甲山が生還して下関国際が1点差に詰め寄った。
 
 両先発の投げ合い、そして好守による守り合いで試合は3-2ままのスコアで終盤へ。創志学園は、8回に内野ゴロ間に貴重な1点を挙げ4-2と2点差に広げる。しかし9回、8回まで149球を投げている西に下関国際打線が襲い掛かった。四死球で走者を2人置いたところで西山勇輝(3年)が左前安打を放ち、無死満塁と絶好のチャンスを作る。
 
 そして品川優人(3年)の打席で西が悪送球し三塁走者が生還、1点差とすると、品川は右前へ落ちる同点タイムリー安打。なおも一、三塁で佐本快(2年)がセンターへ犠飛を放ってこの回一挙3得点。5-4とついに試合をひっくり返した。
 
 追う立場になった創志学園だが、その前に立ちはだかったのは下関国際のエース鶴田。1死一塁から西に送りバントを決められ2死二塁とされたが、最後は金山昌平(3年)を右飛に打ち取って、下関国際が5-4で勝利。初戦の甲子園初勝利に続いて2勝目を挙げた。山口県勢としては2012年の宇部鴻城以来6年ぶり。エースの鶴田は126球での2試合連続完投となった。
 
 一方、創志学園の2年生エース・西は179球を投げ抜いたが、9四死球と終始制球が乱れ球数が多くなったことが最後の失点に繋がる形となった。