データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



王者・花咲徳栄、驚異の粘りも連覇の夢散る 横浜高が逃げ切り5年ぶり3回戦進出【全国高校野球】

2018/08/14

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<第10日 第3試合 2回戦 ○横浜高8―6花咲徳栄●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は14日、阪神甲子園球場で第10日を迎え、第3試合では横浜高(南神奈川)が前回王者の花咲徳栄(北埼玉)を下して、5年ぶりの3回戦進出を決めた。
 
 昨夏王者で初戦で逆転勝ちを収めた花咲徳栄と、20年ぶり夏制覇を目指す横浜高。優勝候補同士の注目の一戦は初回、花咲徳栄が1死二塁から韮沢雄也(2年)がタイムリー安打を放ち先制した。対する横浜高も3回に2死二塁から河原木皇太(3年)のタイムリー安打ですぐに同点に追い付く。
 
 そして続く4回、横浜高の打線が猛打を発揮。まず角田康生(3年)のタイムリー安打で勝ち越しに成功すると、さらに花咲徳栄の先発・野村佑希(3年)を攻め立て、3本のタイムリー安打と守備のエラーも絡んで5点を追加。この回一挙6得点のビッグイニングを作り7-1と大きくリードした。
 
 追う花咲徳栄は、スコア1-8となった6回に野村が横浜高の先発・及川雅貴(2年)から意地の2ラン本塁打を放ち5点差とすると、7回には橋本吏功(2年)もソロ本塁打を放ち4-8と4点差に迫った。しかし、横浜高はここで2番手としてマウンドに登った板川佳矢(3年)が後続を抑え花咲徳栄の反撃を食い止める。
 
 花咲徳栄は9回、野村が1死満塁からタイムリー内野安打を放ち、なおも満塁で押し出し死球によって2点差に迫ったが、横浜高の3番手・黒須大誠(2年)が後続を抑え8-6で勝利。王者・花咲徳栄を下して2回戦を突破した。横浜高の3回戦進出は2013年の第95回大会以来5年ぶり。花咲徳栄は、終盤以降に打線が波に乗ろうとするところで横浜高に継投され反撃を断たれた。