データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



金足農、接戦制し23年ぶり3回戦進出! エース吉田が154球で13K完投【全国高校野球】

2018/08/14

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , ,



<第10日 第2試合 2回戦 ○金足農6―3大垣日大●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は14日、阪神甲子園球場で第10日を迎え、第2試合では金足農(秋田)が大垣日大(岐阜)を破り、23年ぶりとなる3回戦進出を決めた。
 
 初戦で14三振を奪い完投勝利を収めたエース吉田輝星(3年)を擁する金足農と、継投と3本塁打の長打力を見せ勝ち上がってきた大垣日大の対戦は、序盤から点の取り合いになった。
 
 初回、先攻の金足農は無死一、三塁から併殺で2死三塁となるも、直後に大垣日大の捕手・日高敦貴(3年)がパスボールをして1点を先制。対する大垣日大も、1死満塁のチャンスで小野寺優斗(2年)がタイムリー安打を放ち1-1の同点とする。
 
 その後、金足農は2回に菊地彪吾(3年)タイムリー安打とスクイズで2点を勝ち越すも、大垣日大も負けじと3回に杉本幸基(3年)の2点タイムリー安打ですかさず同点。両者譲らず試合は3-3のまま終盤に入った。
 
 大垣日大は、7回の守りで2死二塁のピンチで1番の菅原天空(3年)を敬遠。続く佐々木大夢(3年)には四球を与えて満塁としてしまったが、3回から登板している2番手の杉本が吉田を一ゴロに打ち取り無失点で切り抜けた。
 
 一方、チャンスで勝ち越せなかった金足農も、1死一塁から吉田が内藤圭史(2年)を二ゴロにい打ち取り、4-6-3と併殺を完成させて無失点でしのいだ。
 
 必死の守り合いが破られたのは8回。金足農は1死から5番の大友朝陽(3年)が12球目の内角の速球を捉えると、打球はレフトポール際へのソロ本塁打となり、ついに1点の勝ち越しに成功した。このリードを守りたい吉田は、反撃したい大垣日大打線を146キロの速球と変化球を駆使してリズム良く3者連続三振を奪った。
 
 9回に菅原天空と吉田のタイムリー安打でさらに2点を追加した金足農は、直後の守りで吉田が今日最速の149キロを計測するなど無失点。154球を投げた吉田の奪三振は13個を数え、チームは6-3で勝利。同校23年ぶりとなる3回戦進出を決めた。
 
 大垣日大は、徐々にペースを上げた吉田に対し7回以降は走者を得点圏に置けず、反撃の糸口を掴むことができなかった。