データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



近江、サヨナラで前橋育英を撃破! 有馬諒が林優樹の好リリーフに応える劇的一打【全国高校野球】

2018/08/13

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , , ,



<第9日 第3試合 2回戦 ○近江4×―3前橋育英●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は13日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第3試合では近江(滋賀)が前橋育英(群馬)を破って3回戦進出を決めた。
 
 2013年の優勝校・前橋育英と、初戦で今春センバツの準優勝校・智弁和歌山(和歌山)を破った近江との対戦は、初回から動く。近江は2つの四球で1死一、二塁のチャンスをもらうと、北村恵吾(3年)がライトへタイムリー安打を放って1点を先制した。
 
 対する前橋育英もすぐさま反撃。2本の安打と四球で1死満塁のチャンスを作り、ここで恩田慧吾(3年)の2点タイムリーで逆転すると、続く笹沢大和(3年)がスクイズを成功させて一挙3得点を挙げて3-1とした。
 
 その後は5回まで前橋育英の恩田と近江の2番手・林優樹(2年)の投げ合いでゼロ行進。堅守もあり、ともに譲らない接戦を繰り広げた。
 
 しかし6回、2点を追う近江は1死から3連打で満塁とすると、3番の家田陸翔(3年)が4連打となる2点タイムリー安打を放ってついに3-3の同点に追い付いた。
 
 8回、近江は先頭打者の住谷湧也(2年)が四球で出塁したが、続く木村龍之介(3年)が試みた送りバントに対して、恩田が好フィールディングを見せ二塁に送球しアウト、1-6-3と渡って併殺を完成させチャンスの芽を摘んだ。
 
 この守備から攻撃に繋げたい前橋育英だったが、9回は2死一、二塁と攻めるも躍動感ある投球を続ける林の前に無得点に終わった。
 
 逆に近江は、先頭の家田がエラーで出塁し、北村が右前安打、瀬川将季(3年)も四球で続き無死満塁とサヨナラの絶好のチャンス。一旦給水のタイムが取られた後に試合が再開し、打席にはこの日継投を支えてきた捕手の有馬諒(2年)。有馬は、恩田の初球を捉えて中前へ抜けるサヨナラタイムリー安打を放ち、4-3で近江が劇的な勝利を収めた。