データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



高知商、また猛打爆発!2戦連続2桁得点で3回戦進出 慶応は先発の生井が12失点【全国高校野球】

2018/08/12

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第8日 第4試合 2回戦 ○高知商12-6慶応●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は12日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第4試合では高知商(高知)が慶応(北神奈川)を下して3回戦進出を決めた。
 
 1回戦で14-12の激闘を繰り広げた高知商と、劇的なサヨナラ勝ちで勝ち上がってきた慶応の戦いは初回から点の取り合い。まず高知商が西村貫輔(1年)のタイムリー安打で先制すると、慶応は広瀬隆太(2年)と根岸辰昇(3年)のタイムリー安打ですぐさま逆転に成功した。
 
 しかし、2回に高知商の打線が爆発。二、三塁から相手の失策で同点とすると、その後も西村、乗松龍之介(3年)、山崎大智(2年)、藤田昴志郎(3年)のタイムリー安打などでこの回一挙7得点。8-2と大きなリード奪う。4回にも2本のタイムリー安打と犠飛で4点を加えた高知商のリードは10点に。
 
 追いかける慶応は、5回に主将の下山悠介(3年)がライトスタンドへ2ラン本塁打を放ち12-4とし、9回にも宮尾将(3年)の犠飛などで2点を返したが、反撃はここまで。
 
 高知商は、エース北代真二郎(3年)が9回121球を投げ抜き、12-6で勝利を収めて3回戦進出。2試合連続となる2桁安打、2桁得点をマークした。一方の慶応は、4回途中から12失点の生井惇己(3年)に代わってリリーフした2番手の渡部淳一が6三振を奪う力投を見せたが、序盤の大量失点が最後まで響いた。