データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



二松学舎大付、中盤の継投&終盤の巧打で初戦突破 昨夏準Vの広陵は打線繋がらず敗退【全国高校野球】

2018/08/12

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , ,



<第8日 第1試合 2回戦 ○二松学舎大付5―2広陵●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は12日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第1試合では二松学舎大付(東東京)が前年の準優勝校・広陵(広島)を下して2年連続の初戦突破を果たした。
 
 昨夏の大会で準優勝を果たした広陵が初回無得点だったのに対し、2年連続出場の二松学舎大付は1死一、二塁から保川遥(3年)のタイムリー二塁打で2点を先制。いきなり広陵が追う立場となった。
 
 広陵は2回、先頭の河端利晶(3年)が二塁打で出塁。しかし続く金沢礼大(2年)が送りバントを試みるも、投手の海老原凪(2年)へのフライとなり、飛び出していた二塁走者が戻り切れずダブルプレー。大きなチャンスを逃した。
 
 二松学舎大付がなかなか追加点を奪えない中、3回に満塁のチャンスを潰していた広陵は、4回に2死満塁から高田桐利(3年)のタイムリー安打で1点を返す。さらに5回には先頭の福光竜平(3年)がソロ本塁打を放ち、ついに2-2の同点に追い付いた。
 
 試合は終盤に入り7回、直前の守りで3者凡退に抑えてリズムに乗る二松学舎大付は、1死二、三塁と勝ち越しのチャンス。ここで右田稜真(2年)がライトへタイムリー安打を放ち2者が生還。2点の勝ち越しに成功すると、なおも2死一、二塁で保川もタイムリー安打を放って、5-2とリードを広げた。
 
 投げては、4回途中からリリーフした2番手の岸川海(3年)が、最後まで投げ切り5-2で勝利。2年連続で初戦突破を果たした。広陵は、3者凡退と併殺が響いて6回以降得点ができなかった。