データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



報徳学園・小園、二塁打3本も「三振悔しい」。体重7キロ増で挑んだ夏、接戦制し充実の表情【全国高校野球】

2018/08/12

text By

タグ: , , , ,



<第7日 第3試合 2回戦 報徳学園3-2聖光学院>
 
“高校ナンバーワン遊撃手”との呼び声高い報徳学園(東兵庫)・小園海斗(3年)が躍動した。
 
4打数3安打、3得点。ホームはすべて小園が踏んだ。さらに放った安打はいずれもツーベース。走攻守三拍子そろった能力の高さを見せつけた。
 
「1番・遊撃」で先発した小園は、初回からストレートをレフトに弾き返し、快足を飛ばして二塁に到達。3回先頭で立った打席は、センターへの二塁打を放った。5回2死走者なしの場面は空振り三振に倒れたが、8回にまたも先頭で迎えた打席はレフトへの二塁打とした。そして、出塁したすべての打席で本塁に生還した。
 
「僕は1番なんで絶対に出塁してチャンスをつくる」。小園は先頭打者としての責任をそう口にした。
 
1年から遊撃手を務め、昨夏は2年生ながらU-18ベースボールワールドカップにおいて、日本代表の正遊撃手を担った。打撃、守備、走力どれをとっても高い技術を誇り、今秋のドラフト1位候補としても注目される。
 
昨夏は線が細い印象だったが、冬のトレーニングを経て、体重を7キロ増やした。体が大きくなってもスピードは衰えず、しっかりと鍛え上げた身体で今夏に臨んだ。
 
報徳学園にとって8年ぶりの選手権。小園が二塁打3本で先頭打者としての役目をしっかり果たした。特に2-2の同点で迎えた8回に放った二塁打がよかったと評価する。「苦しい場面で1本打てた」と満足気に振り返った。
 
小園が3点目のホームを踏み、聖光学院(福島)との接戦を制した。
 
「1点ゲームは僕たちが得意にしてること。こういう試合をものにできたことは次につながる」と自信をのぞかせた頼れる1番。「1打席、三振したのが悔しかった。次は全打席打ちたい」と次戦を見据えた。
 
取材・文 山岸佳奈