データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



興南、無死満塁のピンチで2年生・宮城が好救援「出来すぎで自分でもビックリ」【全国高校野球】

2018/08/09

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第5日 第4試合 1回戦 ○興南6―2土浦日大●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は9日、阪神甲子園球場で第5日を迎え、第4試合では興南(沖縄)が土浦日大(茨城)を破って初戦突破を果たした。
 
 興南は5回、無死満塁から根路銘太希(2年)の犠飛と仲村匠平(3年)のタイムリー安打で2点を先制。1点差とされた6回は、西里颯(1年)がタイムリー安打を放ち3-1と再び2点差とした。
 
 土浦日大は、7回に2死満塁で無得点。続く8回にも無死満塁の絶好機を作ったが、ここで先発の藤木硫悠(3年)に代わって登板した2番手の宮城大弥(2年)に対し、三振と併殺打に打ち取られ得点を挙げることはできなかった。
 
 逆に興南は、8回に1死一塁から當山尚志(3年)がレフトへタイムリー三塁打で追加点を挙げると、さらに根路銘の犠飛、勝連大稀(2年)にもタイムリー安打が出て3得点。6-1とリードを広げた。
 
 土浦日大は、9回に代打の磯貝郁人(3年)がレフトポール際へのソロ本塁打を放ち1点を返したが、後続が凡退し試合終了。6-2で興南が初戦突破を決めた。
 
 試合後、好リリーフを見せた宮城は、勝利について「昨年の悔しさを晴らせて、自分も良いピッチングができた」と初戦敗退を喫した昨夏のリベンジを果たせたことに喜びのコメント。また、無死満塁での登板には「藤木さんが抑えていた分、自分もしっかりチームに流れを持ってくるという目的を決めて投げていたので、それができて良かった」と話し、内容は「出来すぎで自分でもビックリ。本塁打を打たれたが、そこで切り換えられた」と満足そうだった。
 
 興南の次戦は第11日の第1試合で、相手は明日の第1試合で対戦する敦賀気比(福井)と木更津総合(東千葉)の勝者となる。