データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



創志学園、2年生エース西が16奪三振完封! 夏初勝利で被災地に希望届ける【全国高校野球】

2018/08/09

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第5日 第3試合 1回戦 ○創志学園7―0創成館●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は9日、阪神甲子園球場で第5日を迎え、第3試合では創志学園(岡山)が創成館(長崎)を7-0で勝利し、夏の甲子園初勝利。2回戦に進出した。
 
 序盤3回までを0-0で終えた試合は4回、創志学園が均衡を破る。四球で出塁した走者を二塁まで進めると、藤原駿也(3年)が左前へタイムリー安打を放ち先制すると、なおも2死一塁から岡本伊織(3年)がタイムリー三塁打、そして宮崎竜成(3年)と金山昌平(3年)もタイムリー安打で繋いで、この回一挙4得点を挙げた。
 
 対する創成館は、4回に先頭の峯圭汰(3年)が二塁打で出塁するも直後に盗塁死となりチャンスの芽を潰す。その後2死二塁と再び得点圏に走者を置いたが、後続の打者が三振に倒れ無得点に終わった。
 
 140キロ台後半の速球を武器に、4回までに4者連続を含む8個の三振を奪った創志学園の2年生エースの西純矢。5回も3者連続三振を奪い、4回2アウト目から5者連続三振を記録して計11奪三振。さらに、6回も先頭打者も三振に仕留めて6者連続三振をマークした。
 
 西の好投でリズムを掴んだ創志学園打線は7回、2つの四球と安打などで1死満塁のチャンスを作ると、ここで小谷勝星(3年)が右中間へタイムリー二塁打を放ち、相手のエラーも絡んで走者が全員生還。7-0とリードを広げた。
 
 最速149キロを計測した西はその後も力投を続け、123球で4安打完封。16三振を奪い、相手の盗塁失敗が3つあったため、打たせて取ったアウトは8つのみだった。7-0で勝利した創志学園は、嬉しい夏の甲子園初勝利。西日本豪雨の被災地へ希望を与える1勝となった。
 
 創成館は、3年前に甲子園初勝利を挙げた同じ8月9日の試合だったが、少ないチャンスをものにできず敗戦。地元・長崎の原爆の日に再び勝利を挙げることはできなかった。