データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



鳴門、2年生エース西野が終盤に力尽く 王者追い詰める健闘も指揮官悔やむ「紙一重」【全国高校野球】

2018/08/08

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第4日 第4試合 1回戦 ○花咲徳栄8―5鳴門●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は8日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第4試合では昨年の優勝校の花咲徳栄(北埼玉)が鳴門(徳島)に8-5で逆転勝ち。連覇へ向けて2回戦進出を果たした。
 
 昨年の優勝校に挑んだ県立校の鳴門は初回、2死二塁から主将の三浦光輝(3年)と浦和博(2年)の連続タイムリー安打で2点を先制。連覇を狙う花咲徳栄にプレッシャーをかける。
 
 1点を返された直後の2回にも2点を加え、4-1とリードを広げると、投げては2年生エースの西野知輝が4回にソロ本塁打を浴びるも、その後は打たせて取る投球で強打の花咲徳栄打線を翻弄。5回から7回までは三塁を踏ませなかった。
 
 しかし、鳴門は7回の攻撃で2死満塁のチャンスで無得点に終わると、8回に西野が突如捕まる。2本の安打で2死一、二塁とされ、ここで倉持賢太(3年)が右前タイムリー安打を浴び1点差。そして続く井上朋也(1年)にもライト線に落ちる2点タイムリー二塁打を許して4-5と逆転された。
 
 9回にも3失点した西野に対し、打線は徐々にコントロールが安定してきた花咲徳栄のエース野村佑希(3年)の前に1点を返すのがやっと。最終スコア5-8で惜しくも敗れ、無念の初戦敗退となった。
 
 試合後、鳴門の森脇稔監督は「(勝敗を分けたのは)紙一重。7回と8回の攻撃でいけてたら結果はもっと違った」と話し、先発の西野については「投げ切らなきゃいけないと思った。責任を持たせて投げさせた。(この経験は)彼を成長させると思う」と9回127球を投げ抜いた2年生エースの将来に期待した。
 
 その西野は、花咲徳栄打線について「しっかり緩急を付けて低めのコースに投げれば打ち取れると思っていた。前半は低めに投げられていたが、後半は高めに浮いてしまった」と悔やんだ。そして、来年に向けては「メンタル、下半身を強化していきたい」と明確となった課題克服を誓った。