データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



花咲徳栄、終盤に打線“開花” 岩井監督は一丸での勝利に納得「野村だけのチームじゃない」【全国高校野球】

2018/08/08

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , ,



<第4日 第4試合 1回戦 ○花咲徳栄8―5鳴門●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は8日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第4試合では昨年の優勝校の花咲徳栄(北埼玉)が鳴門(徳島)に8-5で逆転勝ち。連覇へ向けて2回戦進出を果たした。
 
 昨年の優勝校で連覇を狙う花咲徳栄は、1-4と3点を追う4回に先頭打者の野村佑希がソロ本塁打を放ち2点差に詰め寄る。しかし、鳴門の2年生エース・西野知輝の巧みな投球術の前に凡打が続き、そのまま試合終盤を迎えた。
 
 7回、花咲徳栄のエース野村が2死満塁のピンチを迎えるも何とか無失点しのぎ切ると、直後の攻撃で打線が「開花」。2死一、二塁と長打が出れば同点になるチャンスを作ると、ここで倉持賢太(3年)が右前タイムリー安打を放ち1点差。そして続く井上朋也(1年)もライト線に落ちる2点タイムリー二塁打を放ち、5-4とついに逆転に成功した。
 
 9回に3点を追加し8-4とリードを広げた花咲徳栄。最後は徐々にコントロールが安定した野村が、粘る鳴門の攻撃を1点に抑え、5失点しながら149球を投げ切り完投。花咲徳栄が8-5で勝利を収め、連覇へ向けて2回戦進出を決めた。
 
 一方の鳴門は、3回以降は無得点。突き放すチャンスだった7回の満塁の場面も凡退するなどあと一本が出ず、逆に相手にリズムを与える格好となってしまった。
 
 試合後、花咲徳栄の岩井隆監督は「甲子園で1つ勝つのは本当に厳しいというのを、生徒も分かってくれていたので我慢強く良く戦ってくれた」と逆転勝利を収めた選手たちを称賛。終盤までリードを許す展開にも「安打の数は出ていたので、あとは連打、長打が1本出れば流れが変わると考えて、1つ1つできることを徹底しようということを話した」と冷静だった。
 
 また、8回以降の集中打については「前半完全に流れが相手に行っていたので、一度落ち着いて自分たちのリズムでプレーする」ことを心掛けたという。加えて、「野村だけのチームではない。全員が頑張ろうということで、チームを作ってきた。それがこの場所(甲子園)、この場面でできて本当に良かった」と、逆転打を放った井上をはじめエース1人に頼らない戦いができたことに納得した様子だった。
 
 そして、1本塁打を含む2安打3打点、投げては完投した野村は逆転勝利について「ホッとした」と話し、「苦しいのは最初から分かっていた。その中で勝てて良かった。(投手としては)2アウトから失点をしてリズムが良くなかった。ただ要所を抑えられたのは良かった」と中盤以降は無失点の投球を振り返った。また、打撃では「本塁打は打てたが、まだまだチャンスで打てないといけない。打席には自信を持って入れている」と次戦へ向けた課題とともに意気込みを語った。
 
 花咲徳栄の次戦(2回戦)は、第10日の第3試合。相手は明日の第1試合で対戦する横浜(南神奈川)と愛産大三河(東愛知)の勝者となる。