データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



王者・花咲徳栄、ヒヤヒヤ逆転勝利で初戦突破! エース野村が完投&2安打3打点【全国高校野球】

2018/08/08

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , ,



<第4日 第4試合 1回戦 ○花咲徳栄8―5鳴門●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は8日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第4試合では昨年の優勝校の花咲徳栄(北埼玉)が鳴門(徳島)に逆転勝ちし、初戦突破を果たした。
 
 昨年の優勝校で連覇を狙う花咲徳栄と2年ぶり出場の鳴門の対戦は初回、鳴門が主将・三浦光翔(3年)と浦和博(2年)による2者連続タイムリー安打で2点を先制する。
 
 対する花咲徳栄は、2回に新井英一(3年)がタイムリー安打を放ち1点を返しすぐさま1点差とした。しかし、鳴門は直後に内野ゴロの1点と大下竜輝(3年)のタイムリー安打で2得点。4-1とリードを広げた。
 
 中盤に入り3点を追う花咲徳栄は4回、先頭打者の野村佑希がソロ本塁打を放ったが、後続が繋がらず1点止まり。鳴門の先発・西野知輝(2年)の巧みな投球の術中にはまる形が続いた。
 
 試合はそのまま終盤に入り7回、鳴門は2死満塁で浦が中飛に打ち取られ3者残塁。一方の花咲徳栄は、直後の攻撃で2死一、二塁のチャンスを作ると、ここで倉持賢太(3年)が右前タイムリー安打を放ち1点差に詰め寄ると、続く井上朋也(1年)がライト線に落ちる2点タイムリー二塁打を放って5-4とついに逆転に成功した。
 
 花咲徳栄のエース野村は、初回からコントロールに苦しんでいたが、自身が本塁打を打った後は徐々に調子を上げ、8回にこの日3度目の3者凡退に抑え反撃を許さず。逆に鳴門のエース西野は9回に2本の安打と四球で無死満塁のピンチを背負うと、花咲徳栄の韮沢雄也(2年)に犠飛、野村には2点タイムリー二塁打を浴びて点差を4点に広げられた。
 
 8回まで133球を投げた野村は9回、粘る鳴門の攻撃を1点に抑え、5失点しながらも完投。8-5で勝利した花咲徳栄が2回戦進出を決めた。