データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



常葉大菊川、打撃戦制し5年ぶり夏1勝 益田東は一時5点差逆転するも及ばず【全国高校野球】

2018/08/07

text By

タグ: , , , , , , ,



<第3日 第4試合 1回戦 ○常葉大菊川8―7益田東●>

 第100回全国高校野球選手権記念大会は7日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第4試合では常葉大菊川(静岡)が益田東(島根)との打撃戦を制して初戦突破を果たした。

 試合は打撃戦となった。益田東が3回に首藤舜己(3年)のタイムリー安打で先制すると、直後に常葉大菊川が根来龍真(3年)などによる3本のタイムリーで一挙4得点を入れ逆転。さらに4回には奈良間大己(3年)がバックスクリーンへ2ラン本塁打を放って6-1とリードを広げた。

 しかし、益田東はここから地方大会で1試合平均9得点以上を叩き出した攻撃力を発揮。5回に1点を返すと、6回はわずか4球で無死満塁のチャンスを作り、安田陸人(2年)がレフトへ2点タイムリー二塁打を放って2点差に詰め寄る。さらに勢いに乗った打線は、7回に稲林隼人(3年)と佐野真太郎(3年)のタイムリー安打で3得点を挙げて7-6とついに逆転に成功した。

 再び追う立場になった常葉大菊川は、8回に1死一塁から神谷亮良(3年)がタイムリー二塁打を放ってすぐさま同点とすると、その後三盗を狙った神谷を刺そうとした益田東の捕手の中山翔(3年)が三塁へ悪送球。神谷は三塁ベースを蹴って一気にホームへ生還し8-7と逆転した。

 9回は7回途中からリリーフした榛村大吾(3年)が粘る益田東打線を無失点に抑えて激戦に決着を付けた。常葉大菊川は夏5年ぶり勝利。一方敗れた益田東は、4度目の挑戦でも甲子園初勝利はならなかった。