データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【全国高校野球】北信越、九州が勢ぞろい 星稜、鹿児島実ら12校が代表に決定

2018/07/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 第100回全国高校野球選手権記念大会の地方大会決勝が25日、12会場で行われ、羽黒(山形)、木更津総合(東千葉)、星稜(石川)など12校が甲子園出場を決めた。
 
 ノーシードの公立校同士の対戦となった三重大会決勝は、白山が松阪商を8-2で下し、初の甲子園への切符を手にした。山形大会決勝は羽黒と鶴岡東が激突。延長11回の末、羽黒にサヨナラ本塁打が飛び出し、5-4で劇的勝利を飾った。
 
 25日に決まった代表校は以下の通り。
 
山形   羽黒(15年ぶり2回目)
茨城   土浦日大(2年連続4回目)
群馬   前橋育英(3年連続4回目)
東千葉  木更津総合(3年連続7回目)
石川   星稜(2年ぶり19回目)
福井   敦賀気比(3年ぶり8回目)
岐阜   大垣日大(2年連続5回目)
三重   白山(初出場)
鳥取   鳥取城北(3年ぶり5回目)
佐賀   佐賀商(10年ぶり16回目)
大分   藤蔭(28年ぶり2回目)
鹿児島  鹿児島実(3年ぶり19回目)
 
【図表】随時更新!第100回全国高校野球選手権記念大会<出場校一覧>