データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍ジャパン、3位決定戦で快勝! カナダへリベンジ果たす 三浦が7回12K零封【U-18野球W杯】

2017/09/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



○侍ジャパン 8-1 カナダ●
 
 侍ジャパンU-18代表は、10日(日本時間11日)にカナダ・サンダーベイで行われている「第28回WBSC U-18 ベースボールワールドカップ」の3位決定戦でカナダ代表と対戦。侍ジャパンは8-1で快勝し、3位で大会を終えた。
 
 前日の試合で韓国に敗れ、初優勝とはならなかった侍ジャパンだったが、この日は3回に相手のミスなどで4点を先制すると、4回にも藤原(大阪桐蔭)、安田(履正社)の適時打で2点を追加。序盤で6-0とリードする。
 
 投げては三浦(福岡大大濠)が好投。4回に初安打を打たれるも、6回までにわずか1安打投球。7回にピンチを迎えるが、この日の成績を7回3安打、1四球、12三振と圧巻の投球でカナダ打線を封じた。
 
 その後も侍ジャパンは7回と9回にも追加点。2番手の磯村(中京大中京)、締めの清水(花咲徳栄)とつなぎ、カナダ相手に8-1で快勝した。
 
 米国と韓国に敗れ、悲願の世界一には届かなかったが、立派に世界の舞台で戦い抜いた侍ジャパン。スーパーラウンドで負けたカナダへのリベンジを果たし、3位で帰国する。

スポンサードリンク