データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





U-18日本代表が11安打10得点の猛攻で白星発進!投げても徳山・磯村が2安打リレー【U-18野球W杯】

2017/09/02

text By

タグ: , , , , , , ,



〇日本10-1メキシコ●(1日・カナダ・サンダーベイ)
 
 侍ジャパンU-18代表は1日にカナダ・サンダーベイで行われている「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の初戦でメキシコ代表と対戦し、10-1でメキシコを降した。
 
 メキシコ代表は米国で猛威を振るっているハリケーン「ハービー」の影響により20人中13人しか試合会場に到着できなかったが、現地でヘルメットなどを調達して試合開始に間に合わせた。残りの7人は、試合後に到着する予定となっている。
 
 日本・徳山壮磨(大阪桐蔭)、メキシコ・ガルデアの先発でプレイボール。試合は日本が先制点を奪い、試合を優位に進めた。
 
 2回、日本は6番・増田(横浜)、7番・櫻井(日大三)が連続四球で出塁しチャンスを作ったが、8番・井上(日大三)がバント失敗し一死を献上。しかし、その後9番・小園(報徳学園)が中前打でつなぎチャンスを満塁に広げると、藤原(大阪桐蔭)が左翼線に走者一掃の適時打を放ち、3点を先制した。
 
 その後、5回には先頭の伊藤(中京大中京)が四球で出塁すると、清宮(早実)の打席で2暴投。そして、清宮はフルカウントから犠飛を放ち、4点目を追加した。
 
 7回には、伊藤が四球・暴投で無死2塁とチャンスを作ると、安田(履正社)が適時打を放ち5点目を奪う。その後も中村(広陵)が安打を放ちチャンスを広げると、櫻井(日大三)が適時打を放ち6点目。そして、続く井上が右翼ポール際に3点本塁打を放ち、この回でリードを8点に広げた。
 
 日本代表は9回も攻める手を緩めず、先頭の清宮が死球で出塁すると、代走の鯨井(東海大市原)が一死から盗塁を決めチャンスを作る。その後、鯨井は増田の中飛で3塁に進むと、櫻井が適時内野安打を放ち、10点目を奪った。
 
 先発の徳山は、4回に制球を乱し押し出し死球で1点を失ったが、その後はしっかりと修正し7回を95球で2安打・2奪三振・5四死球・1失点と好投。その後は磯村(中京大中京)が2イニングを無失点に抑え、試合を締めた。

スポンサードリンク