データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広陵、プロ注目中村の3試合連続弾でベスト8入り 超高校級の打撃に騒然【全国高校野球】

2017/08/19

text By

タグ: , , , , ,



〇広陵 6-4 聖光学院●
 
 第99回全国高校野球選手権大会の第11日(19日、甲子園球場)の第3試合では、9回にプロ注目の中村の2ランで勝ち越した広陵(広島)が聖光学院(福島)に6-4で勝利。10年ぶりの8強入りを果たした。
 
 試合は初回から動く。3番・瀬川のソロ本塁打で聖光学院が広陵のエース平元から先制。しかし、2回表には丸山と高田の適時打で広陵がすぐに逆転に成功する。
 
 聖光学院は先発の平野が3回2失点。2番手の堀田が2回無失点の好投。すると5回裏に佐藤晃が左翼へソロ本塁打で同点に追いつくと、さらにチャンスを作り矢吹が低めのボール球を上手い打撃で右翼へ運び2点適時打で勝ち越しに成功する。
 
 しかし、広陵も6回表に3番手の斎藤からチャンスを作り、3番の中村が中前へ2点適時打。同点に追いつく。
 
 広陵は5回途中から継投でつないだ山本が好投。8回には先頭打者に四球を出すが、犠打の処理を捕手の中村が完璧に行い、併殺打。無安打の投球で打線の爆発を待つ。
 
 9回表に広陵は無死一塁と中村の前に走者を出すと、この日2長打の中村が打った瞬間にガッツポーズの勝ち越し2ラン。高校生離れした打撃で3試合連続となる今大会4号を放ち、広陵の勝ち越し点を挙げる。
 
 そして、9回裏を守りきった広陵が6-4で勝利。10年ぶりのベスト8進出となった。