データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



東海大菅生、終盤の猛攻で21年ぶりの甲子園勝利 エース松本が9回1失点の好投【全国高校野球】

2017/08/14

text By

タグ: , , , , ,



◯東海大菅生 11-1 高岡商●
 
 第99回全国高校野球選手権大会の第7日(14日、甲子園球場)の第2試合は、東海大菅生(西東京)が終盤の猛攻で高岡商(富山)を11-1で下し、1996年以来21年ぶりの夏勝利を飾った。
 
 激戦の西東京大会を制し、17年ぶりの夏の甲子園出場を決めた東海大菅生は2回に佐藤のソロ本塁打で先制する。対する高岡商もその裏に谷内の適時打で同点に追いつく。
 
 東海大菅生の先発松本、高岡商の先発土合の好投が続いた試合は、6回に東海大菅生の松井が三塁打で出塁すると、続く小玉の犠飛で勝ち越しに成功。さらに7回にも松本の適時打で自らを援護する。
 
 8回にも1点、9回には松井の右中間を破る適時二塁打、奥村の3ランなどで7点を加えた東海大菅生はエース松本が最後まで投げ抜き、11-1と勝利した。
 
 2年ぶりの夏、そして春夏連続で出場となった高岡商業は、エースの土合が7回3失点と好投するも、初戦を勝ち抜けなかった。