データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



履正社がリードを守りきり接戦を制す。呉は三塁を踏めず敗戦【第89回センバツ】

2017/03/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 第89回選抜高校野球大会第6日目 履正社(大阪)対 呉(広島)の試合が25日に甲子園で行われ、1-0で履正社が白星を勝ち取った。
 
 初回、履正社が先制する。
 石田は空振り三振に倒れるも溝辺が四球で出塁。安田は進塁打となるニゴロで2死二塁とすると、若林のタイムリーツーベースで1点を取る。
 
 2回以降、8回まで両校ともスコアボードに0を並べ続け、1-0と履正社がリードのまま、最終回へ突入する。
 
 ホームを踏むことができなければ敗戦となる呉は9回、三者凡退に抑えられてしまう。
 先頭打者の金谷は初球からバットを積極的に振っていくも、4球目のスライダーを打ち返すも一ゴロ。続く上垣内は真ん中にきたストレートを打ち上げてしまい二飛となる。2死と後がない場面で打席に立った近藤は139キロのストレートを見逃し試合終了。
 
 履正社の竹田は9回123球を投じ、被安打2、5奪三振、2与四死球、無失点の好投を見せた。
 
 呉は3回に西岡、5回に青木がヒットを放つも、最後まで履正社の竹田を攻略できず、一度も三塁を踏むことなく2回戦敗退となった。
 
 2回戦を突破した履正社は、同日3戦目の試合を制した高校と第9日(28日)に対戦する。