データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



初回に5点先取した大阪桐蔭が勝利。宇部鴻城はチャンスを生かせず無得点【第89回センバツ】

2017/03/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 第89回選抜高校野球大会第6日目、大阪桐蔭(大阪)対 宇部鴻城(山口)の試合が25日に甲子園で行われ、11-0で大阪桐蔭が試合を制した。
 
 初回から大阪桐蔭が打者一巡の猛攻を仕掛ける。
 
 藤原が左翼へツーベースヒットを放つと、宮崎が四球で出塁し無死二塁。中川はバントを成功させると、宇部鴻城の投手・早稲田が野選で満塁と思わぬ形でチャンスが広がった。山本はフルカウントから低めのストレートを見極め四球を選び、押し出しで1点先制した。
 
 なおも無死満塁で根尾が右翼へタイムリーヒットを放ち2点追加。山田が四球で出塁し、再び無死満塁となる。福井は外角低めの4球目を打ち返すと、打球は二塁に飛び二ゴロ。しかし、その間に三塁ランナー山本が生還しもう1点加える。1死一、三塁で坂之下が打席に立つと、右翼にタイムリーヒットを放ち5-0。後続の徳山は見逃し三振、徳山は遊飛に倒れ3アウトで交替した。
 
 その後、山田の2ランや相手のミスなどで得点を重ね、8回裏終了時点で11-0と点差を広げる。
 
 9回、宇部鴻城の先頭打者・嶋谷は5球目の143キロのストレートを空振りし1死。この日2安打の荒武は4球目のストレートを右翼に打ち上げフライで2死になるも、横山が粘り8球目の外角高めのストレートを見送り四球で出塁する。正木は死球を受け2死一、二塁と再び得点圏にランナーを置くも、木下の代打・板橋は繋ぐことができず二飛に打ち取られ、裏がないため試合終了となった。
 
 大阪桐蔭の投手、徳山と香川は完封リレーを見せ、一度もホームを踏ませなかった。
 
 総力戦で挑んだ宇部鴻城は5回にも1死満塁のチャンスはあったが、楢木は一ゴロ、古谷は空振り三振とあと1本が出ず、無得点に抑えられてしまった。
 
 試合を制した大阪桐蔭は、第8日(27日)に静岡(静岡)と2回戦を行う。