データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





目標は阪神・能見 2015年ドラフト候補、福井工業大・井上和紀が目指す「下克上」

侍ジャパンでも大活躍している則本昂大や菊池涼介ら、近年、地方大学出身者の活躍に注目が集まるプロ野球界。2015年のドラフト候補にも「地方大学の逸材」たちが多く存在する。今回は、すでに複数のプロ球団そして社会人チームがリストアップしている好左腕・井上和紀(福井工業大)の現在と未来を探る。

2014/12/15

text By

photo

Yu Takagi

タグ: , , , , , ,



「キレ」で空振りを取る

 今春の全日本大学野球選手権(以下、選手権)で20年ぶりのベスト8進出を果たした北陸大学野球連盟所属の福井工業大(過去最高成績はベスト4が2度)。

 その躍進の立役者となったのが、3試合13回を投げ1失点の好投を見せたエース左腕・井上和紀だ。

 身長・体重は175cm64kgと、決して大きな体格ではないが、力みのないフォームから繰り出されるストレートには、打者の手元で伸びるキレがあり、130km台の球速ながら面白いように空振りを取る姿が印象的だった。

 また、決め球のスライダーやチェンジアップ(シンカー気味)も打ちづらく、夏に行われた巨人2軍とのプロ・アマ交流戦でも3回1失点と好投した。

 最終学年を迎えるにあたり、すでに複数のプロ球団と社会人チームが興味を示している。

 井上を入学時から指導する下野博樹監督は「1年の秋からエースを任せていますが、勝負度胸が素晴らしく、ここ一番で力を発揮してくれます」とエースとして全幅の信頼を置いている。

全国舞台での活躍を求め福井へ

 大阪府大阪市に生まれた井上は小・中学時代は軟式のクラブチーム「川北ストーム」で活躍。高校は愛媛の帝京第五高校に野球留学した。

 だが、高校時代の成績は3年春の県ベスト4が最高成績。最後の夏は3回戦で済美に敗れ、全国舞台未経験のまま、高校生活を終えた。

 大学進学にあたっては当初、関東や関西への進学も考えていたというが、下野監督の熱心なアプローチと、「高校時代に甲子園に行けず、全国の舞台で勝負したかった」という想いが重なり、全国最多の選手権出場(2014年現在で37回)を誇る福井工業大を選択した。

【次ページ】目指すは下克上

スポンサードリンク

1 2