データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLBで活躍する田中・前田、NPBでもがく斎藤佑――2006年甲子園を沸かせた『ハンカチ世代』

いよいよ8月7日(日)から第98回全国高等学校野球選手権大会が始まる。これまでに数々の選手が、スカウトの目にとまる活躍を見せ、プロ入りしている。なかでも10年前の2006年は、大会史上2度目の「決勝引き分け再試合」が行われ、世間を熱狂の渦に巻き込んだ。

2016/07/29

text By

タグ: , , , , , ,



前田は1年の時からベンチ入り

 この世代で早くから注目されていたのがPL学園の前田健太だ。

・前田健太 甲子園通算成績 2004年選手権(夏) 2006年選抜(春)

5試合3勝2敗 38.2回 36被安打 5四死球 40奪三振 自責点10 防御率2.33

 1年生の夏、前田は1回戦の日大三戦に先発に抜擢された。しかし5回を投げて3失点で敗戦投手。翌年は甲子園に出場できず、3年生の春に再び甲子園に戻ってきた。1回戦からの3試合をすべて完投、失点1という好投だったが、準決勝の清峰戦で6.2回を投げ6失点で敗退。夏は大阪府大会の準々決勝で東大阪大柏原に敗れ出場していない。

 同年代では昨年のトリプルスリーを達成し、パリーグMVPに輝いた柳田悠岐が広島商の主軸打者だった。しかし甲子園に出場することはできなかった。

 同じく昨年、シーズン216安打のNPB記録を打ち立てた秋山翔吾(西武)も横浜創学館高で外野手としてプレーしていたが、甲子園には出場できず。

 あの夏から10年、ハンカチ世代の選手たちの境遇は大きく変わった。
 MLBで先発投手として活躍する田中、前田。一方で斎藤佑樹は厳しい状況に立たされている。

 甲子園は確かにスター選手への登竜門だが、将来を約束するするものではないのだ。

1 2


  • 記者募集