データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2015年のドラフトは豊作? プロのスカウトも太鼓判!実力発揮、評価急上昇………明治神宮大会で輝いたドラフト候補

秋の大学日本一をかけ、11月14日から19日まで熱戦が繰り広げられた明治神宮大会。先月のプロ野球ドラフト会議で指名された選手が7名も出場した華やかな大会であったが、2015年、つまり来秋のドラフト候補と3年生選手の活躍も光る大会だった。

2014/11/24

text By

photo

Yu Takagi

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



評価急上昇の井口、安定感抜群の小松

 大会前は無印ながら、今大会で評価が急上昇したのが、東京農業大北海道オホーツクの右腕・井口和朋だ。今秋のドラフトでヤクルトからドラフト2位指名された風張蓮が1回戦のアクシデント(一塁ベースカバーの際に右太もも裏を痛める)で欠場に追い込まれたものの、井口が3試合12回3分の2を投げ、5安打16奪三振無失点という力投で十二分に穴を埋めた。

 最速146キロのストレートに、スライダーやスプリットを織り交ぜた投げっぷりの良さは出色の出来で、チームを見事に全国4強へ導いた。

 また、身長174センチながら全身を大きく使ったフォームの創価大・小松貴志も、春に続いて秋もチームを全国4強に導く好投を見せた。

 球威が増してきているストレートに加え、フワっと浮き上がってから落ちる落差の大きいカーブや好不調の波の少なさを挙げ、「俺は小松が1番好きだね」と語るスカウトもいるなど、プロ球団スカウトの評価が着実に上がっている右腕だ。

 また野手では、職人肌と形容したくなる守備が光った二塁手の前田滉平(駒澤大)や遊撃手の花本太紀(創価大)、中部学院大戦でレフトスタンドに本塁打を放った遊撃手の森松裕次郎(九州産業大)、力強い打撃が光った三塁手の久保皓史(富士大)も今大会で評価を高めた。

 明治神宮大会をもって、今季のアマチュア野球公式戦はすべて終了となったが、3年生以下の選手にとっては、次なる戦いがすでに始まっている。ひと冬越えて、さらなる成長を遂げた彼らの姿に期待したい。

1 2