データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



JABA四国大会を制した東京ガス。中1日起用に応えたドラフト1位候補・山岡泰輔に漂うエースの風格【横尾弘一のプロにつながる社会人野球】

4月8日から12日まで徳島県鳴門市のオロナミンC球場ほかで開催された第45回JABA四国大会は東京ガスが初優勝を飾った。

2016/04/17

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , , , , ,



ドラフト指名解禁の2016年

 今秋のプロ野球ドラフト会議で、大型右腕・田中正義(創価大)と並んで1位競合必至と目される山岡泰輔(東京ガス)が、4月8日から12日まで徳島県鳴門市のオロナミンC球場ほかで開催された第45回JABA四国大会で着実な進化を示した。

 ドラフト指名解禁となる“勝負の3年目”は、年明けのトレーニングから2月に実施された宮崎県綾町のキャンプを含めて順調に過ごし、3月の東京スポニチ大会からシーズンに入る。チームにとって開幕戦となる富士重工業とのリーグ戦第1戦に先発すると、スピンの効いたストレート、鋭く滑るスライダーを軸に質の高い投球を見せた。

 しかし、2点を先制された直後の4回裏、小杉直人に弾丸ライナーでレフトスタンドに突き刺される。5回表には地引雄貴の同点3ラン本塁打と味方の援護を受けるも、8回裏に日本代表でも主軸を担う林 稔幸にバックスクリーンまで運ばれ、3-4で黒星を喫してしまう。決勝弾の林は、山岡についてこう語る。

「スライダーには手が出ません。ストレートもスピード、キレとも凄いけれど、終盤だった分、そこまで速いとは感じなかった。それを狙って仕留められたのでよかったですね」

 狙って仕留める林の技術も素晴らしいが、痛い2発を食らって敗れた山岡は「どんな場面でもストレートを打たれたので力負けです」と、悔しさを滲ませながらも結果を受け入れるしかなかった。そして、1カ月後の四国大会に向けて、勝負どころでのコントロールなど細かな技術にも磨きをかけようと取り組んだ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro