プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



強打の逸材たち…神宮大会、注目高校生野手5人(2)名門の1年生が今年も全国区に!?

2022/11/16

text By

photo

産経新聞社



明治神宮大会最新情報

 18日に開幕する第53回明治神宮野球大会。大学の部にとっては現チームの集大成を見せる場、高校の部にとっては来春選抜の前哨戦ともいえる舞台で、アマチュア野球シーズンを締めくくる一大イベントだ。今回は、大会に出場する高校生野手の注目選手を紹介する。

 

 

ラマル・ギービン・ラタナヤケ(大阪桐蔭1年)

 スリランカ人の両親を持つ右のスラッガー。身長180センチ、体重85キロと恵まれた体格を生かしたフルスイングが魅力で、中学通算50本塁打の実績をひっさげ名門・大阪桐蔭に入学した。
 
 今秋は近畿大会2回戦の彦根総合戦で初の4番に抜擢され、3安打1打点と活躍。準決勝の龍谷大平安戦でも5番に座るなど、西谷浩一監督からの期待の大きさを窺わせた。明治神宮大会で躍動し全国区へと駆け上がる1年生は多いだけに、どんな全国デビューを飾るか、注目が集まる。
 

 
 大阪桐蔭は来秋ドラフト候補の小川大地内野手(2年)、ラマルと同じ1年生の徳丸快晴外野手ら、新チームの野手も逸材揃いで、明治神宮大会連覇に期待がかかる。