データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【16年ドラフト候補の主将】高校時代は藤浪・森と甲子園春夏連覇。東京六大学現役最多勝投手、立教大・澤田圭佑

大阪桐蔭高時代は藤浪晋太郎(阪神)に次ぐ2番手右腕として、甲子園春夏連覇に貢献。立教大入学後も東京六大学リーグで現役最多となる18勝を積み上げてきた澤田圭佑。ドラフトイヤーとなる来季は、中学時代以来の主将兼エースとしてチームを引っ張る。

2015/12/24

text By

photo

高木遊

タグ: , , , ,



【写真】現代のアマチュア野球選手としては、ややぽっちゃりとした体型だが「自分としてこれがベスト。周りの声に左右されずにやっていきたいです」と言い切る。

ストレートで勝負できるように

「今年は、数字には残らなかったですが、能力的に一番成長ができたシーズンでした」

 澤田はそう2015年を振り返る。
 これまでの3年間で通算18勝を挙げてきているだけに、春秋で2勝ずつという今年の成績は物足りなくも映る。

 だが、「1、2年生の頃は、かわしながらの勝負というか、変化球に頼りがちな投球だったのですが、ストレート主体で押しきれるようになってきました」と手応えを掴んでいた。

 この冬はその手応えを来年に生かすため、「コーナーをついた見逃し三振は結構取れるのですが、(来季は)肝心な場面においてストレートで空振りを取りたいです。そうすれば、今の変化球がもっと生きてくると思います」と、ストレートの威力向上に取り組む。

 またストレートに力がついたことで、下級生時に武器としていたカットボールやチェンジアップよりも変化の大きいスライダーやフォークが変化球の肝となってくると、澤田は考えている。

スポンサードリンク

1 2