プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



夏の甲子園2022、大会注目選手は?“超高校級”の野手5人|第104回全国高校野球選手権大会

2022/08/04

text By

photo

産経新聞社



高校野球 夏の甲子園 最新情報(最新ニュース)

 8月6日に開幕を迎える第104回全国高等学校野球選手権大会。“聖地”甲子園への切符を勝ち取った全49校が、「深紅の大優勝旗」をかけて熱戦を繰り広げる。ここでは、今大会注目の最上級生(高校3年生)打者5人を紹介する。

 

 

松尾汐恩(まつおしおん)

大阪桐蔭高(大阪)
ポジション:捕手
投打:右投右打

 
 大阪桐蔭高の司令塔・松尾。打では長打と確実性を兼ね備え、守では抜群のインサイドワークで強力投手陣をリード。強肩とフットワークを活かした二塁送球は、常時好タイムを叩き出す。

 1年秋に内野手から捕手へ転向し、2年春の選抜で全国デビュー。同年夏には正捕手となり、甲子園の舞台でバックスクリーン弾を放った。最上級生となってからは不動の3番に座り、明治神宮大会、春の選抜でともに2ホーマーを放ち優勝の原動力に。集大成となる今夏も攻守にチームを牽引し、危なげなく地方大会を突破した。世代最強捕手の活躍が、春夏連覇の大きな鍵を握る。

1 2 3 4 5