データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12】メキシコ監督、前田の投球を絶賛。台湾メディアは筒香の敬遠策に疑問

開幕戦の韓国戦に勝利し、舞台を台湾に移した侍ジャパン。2戦目となったメキシコ戦では苦戦を強いられ、9回に同点に追い付かれるも、劇的なサヨナラ勝ちを収めて2連勝を飾った。

2015/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



メキシコ代表監督が前田の投球を絶賛

 今オフの動向が注目されている前田。
 登板内容は5回5安打2失点で降板となったが、最速150キロで7奪三振を奪う好投を披露

 前田の投球について、敵将も「今日の前田はよかった。球に力があり、セットポジションでも内外に球を投げ分けていた。彼の投球に敬意を表したい」と絶賛だった。

采配ミスだった筒香の敬遠

 最後まで日本を苦しめたメキシコだが、『ETtoday運動雲』は、9回裏一死二塁で筒香嘉智(横浜DeNA)の敬遠策に疑問を呈している。次打者はこの試合で本塁打を放つなど好調の中田だったからだ。

 試合後、この決断についてブリドー監督は「一死一・二塁にして併殺を狙っていたが、次の打者だった中田のこれまでの成績や力を考慮していなかった」と語っている。

 会場となった天母球場に日本の応援歌が流れ、侍ジャパンのホーム球場となった。完全ビジターの中で、9回に追いつく粘り強さを見せたメキシコも最後は監督の采配が裏目に出た結果となった。

 2連勝を飾った日本は次戦は13年WBC王者、ドミニカとの対決になる。

出典 『ETtoday運動雲』
・全場13支安打又在9局逼平日本 墨西哥輸球也驕傲
・12強後挑戰大聯盟? 前田健太:心裡只有奪冠

1 2


  • 記者募集