プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【試合速報】大阪桐蔭、5点リードで5回終了 強力打線が序盤に2本塁打、先発・前田悠伍も好投(決勝戦・近江対大阪桐蔭)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/31

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<11日目 決勝戦 近江 ― 大阪桐蔭>(31日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は31日、阪神甲子園球場で最終日となる第11日を迎え、決勝戦で近江(滋賀)と大阪桐蔭(大阪)が対戦。

 

 
 近江は4試合連続完投の絶対的エース・山田陽翔、大阪桐蔭は背番号「11」の主戦左腕・前田悠伍が大一番の先発マウンド。
 
 先攻の大阪桐蔭は初回、先頭・伊藤櫂人のショート後方の飛球が風に流されてフェアグラウンドに落ち、一気に三塁へ。続く谷口勇人の一、二塁間を破る適時打で先制点を挙げた。
 
 続く2回、先発・前田がタイムリーを放つと、3回には無死一塁から3番・松尾汐恩がレフトポールを巻く2ラン本塁打。4点リードとなったところで近江・山田は降板し、背番号「9」の左腕・星野世那がマウンドへ。攻撃を緩めない大阪桐蔭は、6番・田井志門がバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打で1点を追加した。
 
 さらに6回にも主将・星子天真のタイムリーで追加点。反撃したい近江は5回、好投を続ける大阪桐蔭・前田に対し、先頭の川元ひなたの打球が一塁ベースに当たるラッキーなヒットで出塁。犠打、空三振で2死二塁の局面を迎え、9番・星野の当たりが相手のエラーを誘って二塁走者が生還し、1点を返した。

 試合は5回を終了し、6-0で大阪桐蔭が6点をリードしている。