プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【センバツ】春の甲子園、決勝戦展望~大阪桐蔭(大阪)編~ 見どころ・注目選手・スタメン成績一覧【選抜高校野球2022】

2022/03/30

text By

photo

産経新聞社



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

 第94回選抜高等学校野球大会は31日、阪神甲子園球場で最終日を迎え、近江(滋賀)対大阪桐蔭(大阪)の決勝戦(12時30分開始予定)が開催。両校が春・王者をかけた大一番に挑む。試合に先立ち、大阪桐蔭のレギュラーメンバー、注目選手から見どころを探る。

 

 
 4年ぶり4度目のセンバツ頂点を狙う大阪桐蔭。圧倒的な選手層は今年も群を抜いており、前評判通りの戦いぶりを披露。決勝戦では、昨夏の甲子園2回戦で敗れた近江に雪辱を誓う。
 
 投手陣は、3試合(※2回戦は不戦勝)で5失点の好数字。主戦格の新2年生左腕・前田悠伍は、準々決勝・市和歌山(和歌山)戦で甲子園デビューを果たし、6回12奪三振の快投。決勝戦でも先発登板が予想される。鳴門(徳島)との1回戦、国学院久我山戦(東京)との準決勝で先発マウンドに上がった川原嗣貴、背番号「1」の別所孝亮もリリーフとして登板機会を得ている。
 
 一方の打撃は、3試合で驚異の33得点。準々決勝では大会最多に並ぶ1試合6本塁打、17得点、準決勝でも19安打13得点の猛攻を見せた。下位まで抜け目のない強力打線は、スタメン9人中7人が打率3割超を記録。特に2番・谷口勇人と4番・丸山一喜の好調ぶりが際立っている。谷口は、準々決勝でバックスクリーン弾を放つなど広角に長短打を打ち分け、ここまで打率.545(11打数6安打)をマーク。丸山は、大会記録に並ぶ8打数連続安打を記録し、打率.714(14打数10安打)、8打点と圧倒的な成績を残している。

今大会の戦績
1回戦: 3-1 鳴門(徳島)
2回戦: 不戦勝 広島商(広島)
準々決勝:17-0 市和歌山(和歌山)
準決勝: 13-4 国学院久我山(東京)

1 2 3 4 5