プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】国学院久我山、星稜を逆転で破り初のベスト4進出! 主砲・下川辺隼人が決勝2ラン(9日目・第3試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/28

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<9日目 第3試合 準々決勝 ●星稜 2-4 国学院久我山〇>(28日、阪神甲子園球場)
 

 第94回選抜高等学校野球大会は28日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、準々決勝・第3試合で国学院久我山(東京)と星稜(石川)が対戦。国学院久我山が4-2で逆転勝利を飾り、ベスト4進出を決めた。

 

 
 国学院久我山はエース・成田陸、連戦となった星稜は背番号「10」の武内涼太が先発。初回は、ともに得点圏に走者を背負うも無失点。まずまずの立ち上がりを見せ、序盤はスコアボードにゼロを並べた。
 
 試合が動いたのは4回、先頭が相手エラーで出塁。2死後に6番・荒木陽翔の打球が左中間を破ると、左翼手が処理をもたつく間に一塁走者が生還。なおも2死二塁から津沢泰成の適時打で2点を先制した。
 
 追いかける国学院久我山は5回、ノーヒットに抑えられていた武内から先頭の吉川侑杜が四球を選ぶと、犠打で送り1死二塁のチャンスを迎えた。打席の1番・斎藤誠賢はライトへチーム初安打となる適時打。ここで星稜は継投を決断し、背番号「1」のマーガード真偉輝キアンがマウンドへ上がった。代わり端を攻めたい国学院久我山は、2死一塁の場面で3番・木津寿哉の投ゴロが悪送球を誘い、ボールが転々とする間に一塁走者が生還。まずは同点とすると、さらに続く下川辺隼人は甘く入った速球を完璧にとらえ、レフトスタンドへ飛び込む2ラン本塁打。4得点の猛攻で、一気に試合をひっくり返した。
 
 リードした国学院久我山も、6回から継投策へ。2番手として登板した左腕・渡辺建伸は、最初のイニングで三者三振と完璧な投球を披露し、試合の流れを引き寄せた。
 
 国学院久我山は、渡辺が7、8回と先頭打者を出すも無失点。最終回は無死一塁、2ボールとなったところで3番手・松本慎之介にスイッチ。難しい局面でのマウンドとなった松本だったが、落ち着いた投球で後続を封じ、軍配を上げた。

 勝利した国学院久我山の次戦は、30日(第10日)の準決勝・第2試合。この後行われる市和歌山(和歌山)対大阪桐蔭(大阪)の勝者と対戦する。