プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】浦和学院、九州国際大付属破りベスト4! 上位打線が大仕事(9日目・第1試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/28

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

エース宮城誇南は今大会初失点も好投

<9日目 第1試合 準々決勝 〇浦和学院 6-3 九州国際大付●>(28日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は28日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第1試合で浦和学院(埼玉)と九州国際大付(福岡)が対戦。浦和学院が、勝負所で上位打線が長打力を武器に得点を重ね、ベスト4進出を決めた。

 

 
 今大会快投を続けている浦和学院・宮城誇南、九州国際大付・香西一希の両左腕の先発で開始したゲームは、この日も投手戦を展開した。
 
 初回、浦和学院は、香西に対し、2番・伊丹一博がライトへ両チーム通じて初めてのヒットで出塁。右翼手の守備が乱れた間に二塁まで到達した。そして、続く金田優太が香西の変化球を逆方向へ巧く弾き返し、伊丹が生還。2、3番の連打で1点を先制した。
 
 一方の九州国際大付は4回、打順2巡目に入り、先頭の黒田義信がチーム初安打。送りバントで二塁へ進めると、3番・小田原義が狙っていた初球高めのストレートを振り抜くと、左中間フェンス直撃の適時二塁打に。浦和学院・宮城から今大会初めての得点を奪った。
 
 1-1のまま試合は後半6回、浦和学院は、1死から2番・伊丹がこの日3度目のバッターボックス。ファウルで粘りフルカウントからの8球目、インコースの速球を上手く肘をたたんで捉えると、打球はレフトスタンドまで伸びていった。このソロ本塁打で勝ち越しに成功すると、続く金田は9球を投げさせて二塁打で出塁。4番・鍋倉和弘のライトへ適時打で金田が還り、この回2点をリードした。

 追いつきたい九州国際大付は8回、宮城に対して、香西がチーム4回以来の安打を記録すると、四球と安打で1死満塁の絶好機とする。ここで浦和学院は、継投策へ。遊撃手・金田がマウンドに上がる。九州国際大付は、金田に対し、ワイルドピッチの間に1点差に迫ると、さらに4番・佐倉侠史朗がレフトへの同点タイムリーを放ち、試合を振り出しに戻した。
 
 しかしその裏、浦和学院は、1死から伊丹の四球、金田の安打で一、二塁のチャンスを作ると、鍋倉がライトスタンドへ勝ち越し3ラン。追いつかれた直後に大きく突き放した。
 
 最後は9回を金田が九州国際大付打線を締め、6-3で勝利。浦和学院は準決勝進出を決めた。
 
 勝利した浦和学院の次戦は、休養日を挟んで30日(第10日)の第1試合。近江(滋賀)対金光大阪(大阪)の勝者と対戦する。