プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】星稜、大垣日大に快勝しベスト8進出 1番・永井士航が5出塁で打線牽引(8日目・第1試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/27

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<8日目 第1試合 2回戦 〇星稜 6-2 大垣日大●>(27日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は27日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第1試合で星稜(石川)と大垣日大(岐阜)が対戦。終始主導権を握った星稜が6-2で勝利し、準々決勝に駒を進めた。

 

 
 試合は初回から動きを見せた。星稜は先頭の永井士航が左安を放つと。1死後に斉賀壱成は三安、若狭遼之助は四球を選んで1死満塁。5番・角谷飛雅の犠飛で幸先良く先制点を挙げた。
 
 星稜はさらに3回、1番・永井が相手のエラーで出塁。犠打、中飛で2死二塁と局面は変わり、4番・若狭は変化球を完璧に弾き返し、左翼席に飛び込む2ラン本塁打。主砲の一発で貴重な追加点を奪った。
 
 4回、大垣日大は先発・五島幹士から中堅を守っていた山田渓太にスイッチ。星稜はその代わり端をとらえる。1死から7番・津沢泰成が左安でチャンスメイク。続く佐々木優太に右中間を破るタイムリースリーベースが飛び出すと、永井の足を活かした適時内野安打でもう1点追加し、リードを5点に広げた。
 
 対する大垣日大は直後の5回、先頭の8番・高橋慎の四球を足掛かりに2死一、二塁のチャンスを作ると、3番・米津煌太は三遊間を破るタイムリーヒット。星稜の好投手・マーガード真偉輝キアンから1点を返した。
 
 しかし、星稜はその裏にすぐさま1得点。投げては先発・マーガードが粘り強い投球で6回1失点にまとめ、7回からは左腕・中山敦がマウンドへ上がった。
 
 甲子園初登板となった中山は、緩急自在のピッチングを披露。9回には1点を失ったが、リードを守り切った。

 勝利した星稜の次戦は、あす28日(第9日)の第3試合。国学院久我山(東京)と対戦する。