プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】国学院久我山、バント絡めた攻撃で圧倒しベスト8! 高知は3投手継投も実らず(7日目・第3試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/25

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<7日目 第3試合 2回戦 ●高知 3-6 国学院久我山〇>(25日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は25日、阪神甲子園球場で第7日を迎え、第3試合で高知(高知)と国学院久我山(東京)が対戦。国学院久我山が、バントを絡めた攻撃で圧倒し、8強入りを決めた。

 

 
 国学院久我山は初回、高知・先発の山下圭太に対し、連打と内野ゴロで1死二、三塁のチャンスを作ると、4番・下川邊隼人が、セーフティスクイズ。これが決まると、さらに山下の送球が乱れた間にもう1点加え、2点を先制した。
 
 追いかける高知は3回、国学院久我山の先発・渡邊建伸に対して、先頭打者が安打で出塁すると、エラーと犠打で1死二、三塁と反撃のチャンスに。ここで、3番・高橋友が左翼へ犠飛を放ち1点を返した。
 
 1点差のまま5回、国学院久我山は、代わったばかりの2番手・川竹巧真に対して、セーフティバントを中心とした攻めでチャンスを作ると、再びセーフティスクイズで得点。なおも1死二塁の場面で、3番・木津寿哉が右翼へ適時三塁打を放ち、4-1と高知を突き放した。

 国学院久我山は、8回にも松本慎之介の適時打などで2点を加えダメ押し。投げては、4回まで渡邊、5回からは松本がそれぞれ好投し、リードを守り抜いた。
 
 敗れた高知は、3投手4継投(先発・山下が再登板)も実らず。打線は8、9回に1点ずつを返したが、届かなかった。
 
 勝利した国学院久我山の次戦は、27日(第9日)の第3試合。あす行われる星稜(石川)対大垣日大(岐阜)の勝者と対戦する。