プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】浦和学院、和歌山東を降してベスト8一番乗り! 宮城誇南が7回10K無失点の快投(6日目・第2試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/24

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

金田優太が大会第2号!

<6日目 第2試合 2回戦 〇浦和学院 7-0 和歌山東●>(24日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は24日、阪神甲子園球場で第6日を迎え、第2試合で浦和学院(埼玉)と和歌山東(和歌山)が対戦。2回戦最初の対戦カードは、浦和学院が投打に強さを発揮し、準々決勝に駒を進めた。
 

 
 終始、浦和学院が試合のペースを握った。
 
 浦和学院は初回、1死二、三塁のチャンスを作ると、和歌山東先発・麻田一誠のワイルドピッチにより貴重な先制点を挙げる。さらに4番・鍋倉和弘がセンターへ適時打を放ち、2点目を手にした。
 
 2回には、今日スタメン起用の9番・大内碧真が高めのボールを捉えて二塁打を放ちチャンスメーク。次打者の遊ゴロの間に好スタートで三塁を陥れると、麻田の2つ目のワイルドピッチで3点目のホームを踏んだ。
 
 さらに5回、先頭の金田優太が大会第2号となるソロホームランを放ち4点目。ピッチャー宮城誇南にも今大会初安打となる適時打が生まれ、前半だけで5点をリードする。

 その宮城がマウンドでは、5回まで和歌山東打線を無安打に封じ込む圧巻の投球を披露。6回には初めての被安打から連打を浴びたが、無失点に切り抜けた。ピンチらしいピンチはそこだけで、8回からはリリーフ陣にバトンタッチしたが、7回(78球)を投げて被安打2、奪三振10、無失点の快投だった。
 
 浦和学院は最後まで攻撃の手を緩めず。7回裏には2死一、三塁の場面で、戦略的な一塁走者の飛び出しから、三塁走者の本塁生還に成功。ダメ押しの6点目を挙げ、試合を決定づけた。さらに8回にも1点を加え、7-0で勝利を収めている。
 
 浦和学院の次戦は、27日(第9日)の第1試合で、九州国際大付属(福岡)対広陵(広島)の勝者と対戦する。