プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】大阪桐蔭、緊迫の投手戦制し2回戦へ 背番号「10」川原嗣貴が9K完投、鳴門・冨田遼弥は好投及ばず(6日目・第1試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/24

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<6日目 第1試合 1回戦 ●鳴門 1-3 大阪桐蔭〇>(24日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は24日、阪神甲子園球場で第6日を迎え、第1試合で鳴門(徳島)と大阪桐蔭(大阪)が対戦。1回戦最後の対戦カードは、緊迫した投手戦の末に大阪桐蔭が3-1で制し、2回戦進出を決めた。

 

 
 昨秋の神宮覇者が、辛くも初戦を突破した。
 
 大阪桐蔭は背番号「10」の川原嗣貴、鳴門はエース左腕の冨田遼弥が先発。ともに初回を三者凡退で終えるなど安定した立ち上がりを見せた。
 
 試合が動いたのは3回、大阪桐蔭は先頭の8番・鈴木塁が足を活かした内野安打で出塁。犠打、空三振で2死二塁と局面は変わり、2番・谷口勇人はセンターの前に落ちる適時打。なおも一、二塁に走者を置き、4番・海老根優大の右中間へのタイムリーツーベースでこの回2点を先制した。
 
 その後は再び投手戦の様相に。5回、大阪桐蔭・川原は、下位打線に対して三者連続三振。鳴門・冨田は、味方のエラーで無死二塁のピンチを迎えたが、強力打線の中軸を断ち、追加点は許さない。
 
 反撃に転じたい鳴門は7回、2死から6番・土肥憲将、7番・豊田凌平の安打でチャンスを作ると、8番・冨田が自らのバットでタイムリー。集中打で1点差に迫った。
 
 ゼロ行進が続いていた大阪桐蔭は8回、1死から5番・丸山一喜がレフト線を破る二塁打でチャンスメイク。相手守備のミスも絡んで1死一、三塁とし、7番・星子天真がスクイズを成功。終盤に貴重な1点をもぎ取った。
 
 大阪桐蔭・川原は、2点リードの9回もマウンドへ。4番から始まる鳴門打線を3人で抑え、1失点完投勝利を飾った。

 大阪桐蔭の次戦は、26日(第8日)の第3試合で、広島商(広島)と対戦する。