プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】国学院久我山、有田工業降しセンバツ初勝利! エース・成田陸が2失点完投&2打点の活躍(4日目・第1試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/22

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

有田工・塚本侑弥は熱投実らず

<4日目 第1試合 1回戦 ●有田工業 2-4 国学院久我山〇>(22日、阪神甲子園球場
 

 第94回選抜高等学校野球大会は22日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第1試合で有田工(佐賀)と国学院久我山(東京)が対戦。国学院久我山が4-2で接戦を制し、2回戦進出を決めた。

 

 
 雨天の影響で約3時間半遅れの開始となったゲームは、国学院久我山が嬉しい選抜初勝利を飾った。
 
 春・初出場の有田工は初回、先頭の塚本侑弥の安打、守備の綻びもあって2死二、三塁のチャンスを迎えたが、先制はならず。すると、国学院久我山はその裏、四球と安打などで2死二塁とし、5番・大野良太が左翼へタイムリーヒット。続く満塁のチャンスは逃したが、幸先良く先制点を挙げた。
 
 国学院久我山は、さらに3回、1死から3番・木津寿哉が意表を突くセーフティーバントで出塁すると、三失、中飛の間にそれぞれ走者が進塁。2死二、三塁の場面で、先発マウンドの6番・成田陸は三塁へのタイムリー内野安打。自らのバットで先制点を生み出した。
 
 一方の有田工も直後の4回、1死から4番・角田貴弘の投手強襲安打、次打者の内野ゴロの間に得点圏へ走者を進めると、6番・上原風雅がセンター前に落とす適時打。主将の一打で反撃の狼煙を上げた。

 緊迫した展開が続く中、6回、国学院久我山に待望の追加点。先頭打者が相手のミスで出塁し。犠打、中飛で2死二塁と局面は変わり、1番・斎藤誠賢が逆方向のレフトへ運び、貴重な1点を奪った。
 
 国学院久我山は、7回にも1点を追加したが、有田工も直後に6番・上原のこの日2本目のタイムリーで得点。2点差で最終回の攻防を迎えた。
 
 追いつきたい有田工だったが、9回の攻撃は三者凡退に打ち取られ、試合終了。国学院久我山・成田は、9回を1人で投げ切り、2失点完投勝利を収めた。
 
 勝利した国学院久我山は次戦、25日(第7日)の第3試合で、高知(高知)と対戦する。