プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】金光大阪、日大三島に快勝で甲子園初勝利 古川温生は9回9K完封(3日目・第2試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/21

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<3日目 第2試合 1回戦 ●日大三島 0-4 金光大阪○>(21日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は21日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第2試合で日大三島(静岡)と金光大阪(大阪)が対戦。金光大阪が終始主導権を握ったまま4-0で勝利し、次戦へと駒を進めた。

 

 
 先制したのは金光大阪。初回、日大三島先発・松永陽登の立ち上がりを攻め、2本の安打と四球で1死満塁のチャンスを作ると、5番・貴島琉惺がフォークを捉えてセンター前へ運び2点を先制。さらに松永のワイルドピッチの間に1点を加え、いきなり3点をリードする。
 
 反撃したい日大三島は5回、2死から相手のミスもあり2死満塁の絶好機を迎える。打席には4番・松永。一発が出れば逆転の場面となったが、空振り三振に倒れて無得点に終わった。
 
 リードを保ったまま金光大阪は、追加点が欲しい6回、1死一、三塁のチャンスで9番・沢田拓磨がスクイズを決め、貴重な4点目をもぎ取った。

 金光大阪の先発・古川温生は、要所を締めるピッチングで日大三島打線を翻弄。特に後半に進むにつれて調子を上げ、5回以降は毎回奪三振。9回まで一人で投げ切り、完封で初戦を飾った。
 
 勝利した金光大阪は次戦、25日(第7日)の第2試合で、木更津総合(千葉)と対戦する。