プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】木更津総合、延長タイブレークの大接戦制す 両エース譲らぬ投手戦、山梨学院は一歩及ばず(3日目・第1試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/21

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

好投手同士の投げ合いは、木更津総合・越井颯一郎に軍配

<3日目 第1試合 1回戦 山梨学院 1-2× 木更津総合>(21日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は21日、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第1試合で山梨学院(山梨)と木更津総合(千葉)が対戦。関東勢同士の激突は、木更津総合が延長13回タイブレークまでもつれた大接戦を制し、2回戦に駒を進めた。

 

 
 木更津総合は初回、1死から2番・中西祐樹のツーベース、3番・菊地弘樹の右安で一、三塁のチャンスを作ると、次打者の内野ゴロの間に先制に成功。その後は木更津総合の先発・越井颯一郎がテンポ良い投球で試合の流れを作ると、山梨学院の先発・榎谷礼央も負けじと好投を見せ、2回以降はスコアボードにゼロを並べた。
 
 山梨学院は中盤5回、1死から7番・岩田悠聖が二塁打でチャンスメイク。1つアウトを重ねたが、8番・榎谷はライト線を破る適時二塁打。自らのバットで同点に追いついた。
 
 その後も両エースが投手戦を展開。ともに走者は背負うものの決定打を与えず、1-1のまま延長戦に入った。
 
 木更津総合・越井は、相手打線に的を絞らせず、10回から3イニング連続三者凡退。一方の山梨学院・榎谷は、粘りのピッチングで再三のサヨナラ機を脱出。一進一退の攻防を続け、試合はタイブレーク制(無死一、二塁から試合開始)となる13回に突入した。
 
 先攻の山梨学院は、バント失敗、二併殺打で無得点。木更津総合はその裏、先頭打者の左飛で二塁走者が三進。申告敬遠で1死満塁の局面を迎え、5番・須永雄太が押し出し四球を選び、激闘に終止符を打った。
 
 木更津総合・越井は1失点完投勝利。対する山梨学院・榎谷も155球の熱投で互角の戦いを演じたが、あと一歩及ばなかった。

 木更津総合の次戦は、25日(第7日)の第2試合で、この後行われる日大三島(静岡)対金光大阪(大阪)の勝者と対戦する。